暗号資産古物商のビジネス(基本編)

暗号資産古物商はどの様にして収益を上げるのか、基本的なビジネススキームに関して説明します。

暗号資産古物商の基本ビジネス(1)

代理購入サービスで暗号資産を集めましょう!

まず暗号資産と名前に付きますので暗号資産を持っていなければビジネスになりません。既に自営業を営んでいて自社商品をお持ちの方は暗号通貨払いに対応する、自社商品などお持ちでない方はECサイトの商品を顧客の代わりに法定通貨で仕入れ相当額の暗号資産と商品を交換します。この際に代行手数料を取るケースもあります。(下記の図を参照下さい)

暗号資産古物商の基本ビジネス(2)

暗号資産で不用品の買取をしましょう!

代理購入サービスなどで暗号資産を得ましたら顧客の不用品を買取りましょう。
このサービスは代理購入と違い本人確認が必須になります。必ず古物商許可を取得してから行う様にして下さい。

買取価格は市場価格相当額の暗号資産を不用品を入手後、本人確認ができましたら顧客へ送金します。その際に顧客の暗号資産を入金するウォレットアドレスを確認し送金して下さい。ウォレットアドレスは非常に長い文字列になりますので間違いがない様に気をつけて下さい。

買取時は出来るだけ高値で売れる商品を買い取る事が重要となります。

暗号資産古物商の基本ビジネス(3)

暗号資産で買取した不用品を法定通貨へ交換しましょう!

暗号資産で買取した不用品を法定通貨へ交換しましょう。暗号資産での買取は古物商では仕入れとなります。仕入れた不用品を他の古物商やフリマアプリなどで法定通貨へ交換します。この時に暗号資産で買取った価格よりも高値で売れると利益となります。

暗号資産古物商の基本ビジネス(4)

暗号資産の価格相場を上手く利用しよう!

暗号資産は仮想通貨交換所で取扱をされていると価格相場がわかる様になります。日本ではbitflyer・coincheckなどが有名で毎日投資家たちが法定通貨と暗号資産の売買を行っています。
交換所で扱っている暗号資産を扱う場合はレートの安い時期に代理購入サービスで暗号資産を仕入れて、レートが上がった時期に買取サービスを行う事でレートの価格差を利用したビジネスが可能です。これは海外のバイヤーがドルで安く仕入れて円で高く売る様なスキームと同じです。海外で仕入れを行っていない事業所の方も簡単に暗号資産価格相場を利用したビジネスが出来ます。